兎スポット「住吉大社」

この文書に関するご案内

大阪の住吉大社のレポートです。

目次
このファイルのURL
http://tirukuru.jp/pyon/spot/sumiyoshi/

神社の概要

住吉大社
祭神
  • 底筒男命(そこつつのをのみこと)
  • 中筒男命(なかつつのをのみこと)
  • 表筒男命(うわつつのをのみこと)
  • 息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)
住所
大阪市住吉区住吉2丁目9-89
電話
06-6672-0753

この記事のURLはhttp://tirukuru.jp/pyon/spot/sumiyoshi/#saです。

神社の様子

手水舎の兎を大きな画像で見る 表参道を通り、反橋を渡った先に、兎の手水舎があります(横から見た写真)。

住吉大社と兎
兎(卯)は当社の御鎮座(創建)が神功皇后摂政十一年(211)辛卯年(かのとうのとし)の卯月の卯日である御縁により奉納されたものです

この神社、とても広くて、強行軍に疲れきっていた私は早々に全部回るのを諦めて、適当なところだけ見て帰ったと云うオチがあったりします。

燈篭の兎を大きな画像で見る 他に兎がいたのは、路面電車「住吉」から降りてすぐある、並んだ燈篭のうちの二つ(兎の部分を拡大1兎の部分を拡大2)。

この記事のURLはhttp://tirukuru.jp/pyon/spot/sumiyoshi/#sbです。

お土産

今の私に一番必要ない合格お守りと、兎の置物(兎と云うか、干支全部ありましたが)を買って帰りました。御朱印をお土産と云ってしまって良いものか。

この記事のURLはhttp://tirukuru.jp/pyon/spot/sumiyoshi/#scです。