絵本と兎:日本の絵本

この文書に関するご案内

最近更新された項目
このファイルのURL
http://tirukuru.jp/pyon/literature/pbooks_jp.html

日本の絵本

うさぎちゃんうみへいく
せなけいこ、金の星社
「おばけのてんぷら」などで有名な、せなけいこさんの「うさぎちゃんシリーズ」。ユーモラスで温かみのあるはり絵。
うさぎちゃんとゆきだるま
文:あいはらひろゆき、絵:あだちなみ、教育画劇
雪の日に、雪だるまを作って遊ぶ可愛いうさぎちゃんのお話。シンプルであたたかい絵が素敵です。
ウサギとタマネギ
まめこ、ゴマブックス
うさぎの男の子が、拾った卵から孵ったタマネギみたいなひよこと暮らすお話です。ほんわからぶりーな絵柄です。
うさぎのいえ
内田莉莎子(再話)/丸木俊(画)、福音館書店
ある日ウサギがキツネに家を乗っ取られてしまい、ウサギは色々な動物に助けを求めます。有名なロシア民話(兎と民話「うさぎの涙」参照)を絵本にしたもの。
うさぎのルーピースー
どい かや、小学館
朝おきると机のしたでうさぎが死んでいました、と云うすごい出だしで始まります。ルーピースーってのがよく解らないですが、なんとも不思議な絵本。生きることに意味があるなら、死ぬことにも意味があるんだなあとなんとなく思いました。絵は可愛いです。
おさじさん
松谷みよ子(文)/東光寺啓(絵)、童心社
赤ちゃんの絵本シリーズ。ここで説明するまでもないくらい有名な絵本です。
しんせつなともだち
方 軼羣(文)/君島 久子(訳)/村山 知義(絵)、福音館書店
おすそ分けの心はみんなを幸せに、兎も幸せに。絵に描いたような「情けは人の為ならず」話。
旅うさぎ
天沼春樹(文)/水野恵理(画)、パロル舎
奇妙な世界を旅していく兎の絵本、と云うか画集みたい。真面目くさった顔で珍妙な行動をとる動物たちの絵がとても美しい一冊です。
だるまちゃんとうさぎちゃん
加古里子、福音館書店社
「だるまちゃん」シリーズ。だるまちゃんたちが、うさぎちゃんとうさぎこちゃんに、手袋兎や兜兎の作り方を教えてあげます。
月夜の子うさぎ
いわむらかずお、クレヨンハウス
月の晩に外の世界へ冒険へ出た3匹の子うさぎ。作者の家のうさぎに起こった出来事を元にしたお話だそうです。
にげだしたぴょん
渕上昭広、岩崎書店
幼稚園に行くのが嫌で逃げ出したぴょんは、森で怖い目に巻き込まれてしまいます。ちゃんと幼稚園に行きましょう!
マーシィとおとうさんDAYAN’S COLLECTION BOOKS
池田あきこ、ほるぷ出版
猫のダヤンでお馴染みの、わちふぃーるどシリーズに登場する、兎のマーシィとその冒険好きなお父さんのお話。少しだけ不気味がかった動物たちと、温かみのある色使いが不思議な世界を醸し出しているシリーズ作品。
ましろのあさ
いもとようこ、金の星社
安全でニンジンをたっぷり貰える小屋の中で生きてきた「ましろ」が厳しい外の世界で「自由」を見つけるお話。
みみながうさぎ
きとう ひろえ、新風舎
高慢ちきで孤独なみみながうさぎに、優しくしてくれる友達が現れて……この表紙でこんな話ありかよ! な可愛い絵本。
ゆきうさぎのちえ
手島圭三郎、リブリオ出版
北海道の厳しい自然の中で暮らす、ゆきうさぎの1年間の生活を美しい版画で描いた作品。

この記事のURLはhttp://tirukuru.jp/pyon/literature/pbooks_jp.html#saです。