うさぎの切手:2011年年賀切手

この文書に関するご案内

2011年卯年に関連して発売された切手やハガキ、その他をご紹介します。

目次
このファイルのURL
http://tirukuru.jp/pyon/art/stamp/nenga_2011.html

切手

50円切手

モチーフは西会津張り子「首振り招福卯」(福島県耶麻郡)。愛らしい兎さんですね! 2枚目の写真はお年玉付きのものですが、下をカットしてます。

西会津張り子は、会津街道の宿場町であった福島県西会津町で永く伝わる郷土玩具です。郵便切手に描かれている「首振り招福卯」の長い耳は福を集める縁起物とされています。こくりこくりと首を振る可愛らしい表情が特徴です。 日本郵便ウェブサイト 年賀郵便切手 より。)

野沢民芸の西会津張り子が年賀切手に採用 / 西会津町ウェブサイト。

80円切手

モチーフは稲畑人形「子兎土鈴」(兵庫県丹波市)。2枚目の写真はお年玉付きのものですが、下をカットしてます。

稲畑人形は、丹波の国、稲畑で生まれた郷土人形で代表作には天神、金時などがあります。郵便切手に描かれている「子兎土鈴」は、雪兎のような円形をし、彩色も愛嬌たっぷりです。一つ一つ手造りでころころと鳴る土鈴の音は丹波の風物の一つです。 日本郵便ウェブサイト 年賀郵便切手 より。)

干支文字切手

モチーフは、書が左上から下に向かって、關正人「金文の卯」、関口春芳「甲骨文字による辛卯」、稲村雲洞「六朝風楷書による卯」、中川祐聖「隷書をもとにした兎」、寺井朴堂「説文による卯」、片岡重和「甲骨文字による兎」、百瀬大蕪「小篆による兎」、中野北溟「ひらがなの『うさぎ』」、小山やす子「辛卯の行書」、恩地春洋「逞しい兎」。画は円山応挙の「木賊兎図」(日本郵便ウェブサイト 干支文字切手より)。

この記事のURLはhttp://tirukuru.jp/pyon/art/stamp/nenga_2011.html#saです。

年賀はがき

切手部分
全国版 裏面

上村松篁の「兎I」。

地方版 北海道 裏面

加本順子「ゆきだるまと遊ぶうさぎ」。

地方版 東北 裏面

佐藤靖子「雪ウサギ」。

地方版 東海 表

なんと、お年玉の組と番号の間のとこにうさちゃんが! 裏は景色の絵です。ここをうさちゃんにしてるのは東海版だけでした、こういうちょっとした遊び心大好きです。

地方版 京都府 裏面

ながたみどり「東天王 岡﨑神社 うさぎ絵馬」。

私の住む地域の地方版は兎に全然関係ない絵柄だったので、地方版はそんなもんかと思っていたら、shikiさんから京都版の写真が送られてきて、アラ! と思って調べてみたらこれだけ種類があったのです。お蔭で逃すとこでした、ほんとにいつもありがとうです。

地方版 鳥取県 裏面

みはしたかこ「岩井温泉木彫十二支」。

この記事のURLはhttp://tirukuru.jp/pyon/art/stamp/nenga_2011.html#sbです。

その他ロゴなど

日本国際切手展2011のロゴ

日本国際切手展2011のロゴマークが鳥獣戯画をモチーフにしたものです♪

1/23に切手も発売されるもよう。楽しみです!

おとし玉キットカット

郵便局とネスレ日本、「おとし玉キットカット(ポチ袋付き)」を全国の郵便局で発売。誰にあげる訳でもなく、とっととサクサク頂いてしまいました。

兎スタンプ

郵便局で「ご自由にお使いください♪」となっていたので、好き勝手押して帰ってまいりました。

チラシのウサギちゃん

shikiさんから頂きました、どうもありがとうです!

この記事のURLはhttp://tirukuru.jp/pyon/art/stamp/nenga_2011.html#scです。