小道具として登場した兎

この文書に関するご案内

ちるくるが今までに見たドラマ・映画などで、主題とは殆ど関係がないところでひょっこり兎の登場したもの。中には多少重要な意味合いを持って登場するものもあるが、基本的には「兎可愛いから取り敢えず出した」的思いが見え隠れしない事もないもの。

目次
このファイルのURL
http://tirukuru.jp/pyon/art/item.html

ドラマ

LOST
制作:2004年

アメリカのドラマシリーズ。ソーヤーがエロかわい過ぎるので、内容にうんざりしながらも見続けたりします、てへ。

第1シリーズ第5話は、邦題は「責任」ですが、原題は「White Rabbit」、不思議の国のアリスのパロディっぽい(そんな大したあれでもないけど)話。

第1シリーズ第8話ではソーヤーが「ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち」を読んでます。どうもファイナルシーズンでも出てくるっぽい。

第3シリーズ第53話では、主人公サイドと敵対している「ほかのもの」たちに、ハァハァしすぎると爆発する装置を埋め込んでやったよ! とか云われちゃって戦くソーヤーに、ウサギを使って実演してみせる……というシーンがあります。んでソーヤーが読んでる本が「二十日鼠と人間」という、これまたウサギの出てくるオハナシです。

第6シリーズ第111話でも、やっぱり「ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち」を愛読してるソーヤーなのでした。

Sex and the City
制作:1998年

アメリカのドラマシリーズ。ファーストシーズン第9話のタイトルが「The Turtle and the Hare(兎と亀)」。で、その兎ってのがバイブレータの商品名だったりする。しかもちゃんと日本製。日本のゴム製品は優秀です。ドラマ中でも可愛い! と大絶賛。どうよ。兎型のってちょこちょこ見かけるけど、いまいち可愛くないので私は持ってましぇん。飾れるくらい可愛いのを誰か作ってくれないかな。

トリック
制作:2000年

テレビ朝日系列で放送されたドラマシリーズ。

主人公・山田奈緒子(仲間由紀恵)の大家、池田ハル(大島芙子)が、必ず兎(ネザーランドドワーフ? チェスナット)を右手に抱えて登場。かなり大人しい兎。エンディングロールには「日本ペットモデル協会」の名が。

残念ながら「トリック2」には登場しなかった。どこへ行ったのだろう……。

劇場版にも兎が出ておりました。神様への供物として。やはりチェスナットでしたのー。

映画

キス・オブ・ザ・ドラゴン
制作:2001年

ジェット・リー主演の映画。母が好きなので借りてみたら、オープニングにチェスナットの野生(と思われる)のアナウサギが4羽ほど登場! 私はこの映画は観ていない(そこだけ観た)のですが、本編に登場するわけではなく、フランスの空港のシーンから始まるらしいので(フランスの空港の兎騒動は有名)、それに引っ掛けたものかと。

ゲーム

サガ・フロンティア
制作:1997年

ファイナル・ファンタジーシリーズでお馴染みのスクウェアと云うゲームメーカによる、「サガ」シリーズのPS版第1弾。「ラビット」と云う名のメカが登場する。どこをどう見てもウサギには見えないけど……。